1. HOME
  2. テニス
  3. 大坂なおみがBLM運動をするのは彼氏の影響だった!逮捕〜中指写真までの経緯まとめ
テニス
大坂なおみ

大坂なおみがBLM運動をするのは彼氏の影響だった!逮捕〜中指写真までの経緯まとめ

テニス

Black Lives Matter(略称:BLM)運動に積極的に参加し、賛同する表明をしている大坂なおみ選手。

大坂なおみ選手がBLMについて積極的に発信するようになったのには、彼氏の影響があることがわかりました。

 

今回は大坂なおみ選手がBLM運動をする理由をご紹介するとともに、経緯についてもきっかけ〜彼氏の逮捕〜話題の“中指”写真まで、時系列でまとめていきたいと思います。

大坂なおみがBLM運動をする理由は彼氏の影響だった

大坂なおみ 彼氏 YBNコーデー

大坂なおみ選手が積極的にBLM運動を始めたきっかけですが、これは彼氏であるコーデーさんの影響を受けたからと言われています。

もとよりボーイフレンドのYBNコーデーさんの影響を受けて、黒人人種差別に抗議し、《Black Lives Matter》のムーブメントにも賛同して、自身のSNSで自分の意見を主張してきた。コーデーさんは読書家で、大坂は、人種差別に関する本をコーデーさんから借りて知識を得て、抗議活動にも一緒に参加していた。

引用:婦人公論

ラッパーとして活躍中のコーデーさんは読書家。そんな彼と交際を始めたことにより、大坂なおみさんも人種差別に関する本を読むようになりました。

そこからBLMの抗議活動に一緒に参加したり、ご自身の発信力を生かしてTwitterなどで積極的にBLMについて発信するようになったんですね。

大坂なおみと彼氏のBLM運動 逮捕〜中指写真までの経緯まとめ

大坂なおみ 彼氏 YBNコーデー

ここからは、大坂なおみ選手と彼氏のYBNコーデーさんのBLM運動を経緯を時系列でご紹介していきます。

2020年5月末 彼氏とミネアポリスのデモに参加

大坂なおみ選手は2020年5月25日に起きたジョージ・フロイドさんの事件をきっかけに、彼氏のコーデーさんとミネアポリスにて『ジョージ・フロイド抗議活動』に参加されました。

デモに参加した理由は、「行動を起こさずにいることは、もう終わりにしよう」と考えたからとのことです。

ジョージ・フロイドが警察によって拷問、殺害される恐ろしい動画を観たとき、心が張り裂ける思いでした。そして、行動する必要性を感じました。「行動を起こさずにいることは、もう終わりにしよう」と考え、事件の数日後、私はボーイフレンドとミネアポリスへと飛びました。自分たちの関心を示し、自分たちの声を聞いてもらうために。

引用:ELLE

心の中では同じように思っている人はたくさんいると思いますが、こうやって実際に行動に移せる人はなかなかいないと思うので、そこが大坂なおみ選手の凄い所ですよね。

2020年7月14日 彼氏・コーデーが逮捕される

YBNコーデー

大坂なおみ選手の彼氏・コーデーさんは、2020年7月14日にケンタッキー州で行われたブレオナ・テイラーさんが受けた黒人差別に関する抗議デモに参加し、同じくデモに参加していた86名と一緒に逮捕されました。

コーデーさんが逮捕された時の実際の映像が以下のものです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rap by RAPTV(@rap)がシェアした投稿

逮捕された理由はデモをしていたからではなく、「ダニエル・キャメロン司法長官の自宅前を練り歩き、座り込む」など、迷惑行為や不法侵入などの罪によるものです。

 

これに関して大坂なおみ選手は怒りをあらわにし、「彼ら(警官)はただ抗議活動をしているだけの人々を逮捕している。こんなのクレイジーよ」とツイートされました。

ただ、「私有地立ち入りの退去勧告があったにもかかわらず、それに従わなかった」との報道もありましたので、これは逮捕されても致し方ないと思います。

報道が本当であれば“ただ抗議活動をしている”んじゃなくて、“他人の私有地に不法侵入して迷惑行為をしている”わけですから。

声をあげて抗議活動をするのは素晴らしい事だと思いますが、行き過ぎた行為はしない程度をわきまえたうえで、人に迷惑をかけず平和に抗議していただきたいですね。

2020年8月26日 全米オープン前哨戦をボイコットすることを発表

大坂なおみ

大坂なおみ選手は2020年8月26日、急遽ウエスタン・アンド・サザン・オープンの準決勝を棄権することを発表しました。

棄権を発表した理由は、前日にウィスコンシン州で起きた白人警察官が背後から黒人男性(ジェイコブ・ブレーク氏)を銃撃した事件に抗議するためです。自分が出場しないことによって少しでも人種問題に関することが話題になれば、という意図があったようです。

 

大坂なおみ選手は自身のツイッターにて、

  • 私はアスリートである前に、黒人女性
  • 黒人女性として、テニスをするのを見てもらうよりもっと大事なことがあると思っている
  • 私がプレーをしないことで何かが起きるとは思わないが、大多数の白人スポーツの中で会話を始めることができれば、正しい方向へ進む一歩になるのではないかと思う

といった内容のツイートをされました。

この時は、NBAや大リーグ(MLB)などでも、ボイコットが広がっていったこともあり、全米テニス協会も、27日に予定されていた男女すべての試合の延期を決定しました。

大坂なおみ選手のBLM運動が多くの賛同を得て、実を結んだ形になりました。

2020年8月28日 全米オープン前哨戦のボイコットを撤回し、出場を続行

大坂なおみ BLM

ボイコット宣言の翌日、女子テニス協会などが大坂選手に対して再び出場するように要請し、大坂なおみ選手もボイコットを撤回しました。

この件は国内外で大きな話題になったため、『自分が出場しないことによって少しでも人種問題に関することが話題になれば』という当初の目的も果たされたでしょうし、全米テニス協会や多方面で理解が得られたことから出場を続行しようという気になったのでしょう。

 

実際のウエスタン・アンド・サザン・オープンの準決勝の地に現れた大坂なおみ選手はBLMのTシャツで入場し、こちらも話題になりました。

大坂なおみ選手はこの日の試合には勝利したものの、試合中に左太もも裏(ハムストリング)の負傷してしまい、翌日の決勝までに回復しなかったため、結局決勝は棄権、大会は準優勝という結果となりました。

2020年9月1日〜13日 全米オープン出場全試合の入退場時に黒マスクを着用

大坂なおみ BLM

出典:東京新聞

大坂なおみ選手のBLM、人種差別への抗議活動は全米オープンでも続きました。

大坂なおみ選手は1回戦から決勝までの毎試合入退場時に、黒人差別にまつわる不幸な事件で亡くなった犠牲者の名前がプリントされたマスクをつけました。

そして、大会の結果は見事優勝

もし途中で負けていたら、日本国内でテニスに集中してないからだ等の批判が起こるのが目に見えていただけあって、相当なプレッシャーもあったと思いますが、このメッセージを発信する活動が逆に、“絶対に負けられない”というメンタルなったのかもしれません。

 

通常であれば、プロテニス大会でこのようなメッセージを含む活動は認められないのですが、2020年の全米オープンは特別に「Be Open」というキャンペーンが展開されており、人種やジェンダー、性的指向や性自認などへの公正や平等のメッセージを身につけることがグランドスラムで初めて許可されていました。

全米テニス協会からも大坂選手のような行動は支援される時代になってきたという事が感じられますね。

2020年9月13日 彼氏が決勝戦に「警察予算を打ち切れ」のTシャツ

大坂なおみ 彼氏 YBNコーデー 警察

この全米オープンの決勝戦には彼氏・コーデーさんも応援に駆けつけていて、その際に来ていたTシャツが話題になりました。

そのTシャツには『Defund the police』の文字があり、和訳すると「警察予算を打ち切れ(削減しろ)」というような意味で、こちらもBLMに関連するメッセージのものになります。

 

一見すると、以前に逮捕された腹いせ?のようにも思えますが、これに関して大坂なおみ選手が以下のように語られていました。

私は、警察に対する予算削減運動を支援しています。その運動によって、警察自体を解体したいというわけではありません。有罪となった警察官へ支払われるための予算など、資金の一部をコミュニティー内の社会的対策、つまり教育や住宅、若者のためのプログラムなど無視されることの多い活動に再分配するべきだと考えているのです。

引用:ELLE

大坂なおみ選手は決して警察組織の解体を望んでいるのではなく、警察へ回される資金の一部を教育や若者のために分配するべきと考えているようです。

ただ、一部では警察組織の完全撤廃を求める意味で使っている人もいるようなので、彼氏・コーデーさんがどの程度のレベルで考えているかは不明です。

2020年9月13日 全米オープン優勝後、彼氏が中指立てたツーショットを披露

大坂なおみ 彼氏 YBNコーデー 中指

大坂なおみ選手が全米オープンを制した日、コーデーさんはそのコートにて撮ったツーショットをSNSで公開しました。

そして、その写真がコーデーさんが中指を立てており、このポーズは海外の多くでは侮辱の意味を持つため、否定的な意見が多く寄せられることに。。。

 

ただ、「なぜ彼がそうしたポーズをするのかを皆で考えてほしい」といったコーデーさんを擁護する意見もありました。

なので、このポーズをBLM的に考えると、

『長い間、白人のスポーツというイメージが強かった“テニス”という競技を黒人が征服したぞ!』

という意味なのかもしれません。

 

あとは、コーデーさんは世界的に知られている有名なラッパーさんなので、以下の方のツイートにもあるように、

親指も一緒に立てていることから、単純に『大切な人』という意味でこのポーズをしていたのかもしれません。

真相は本人しかわかりませんが、どちらにしろ逮捕されたりこのようなポーズを取ったりした事で日本のファンからはあまり良いイメージは持たれないのは間違いないでしょう。大坂なおみ選手のスポンサー等に影響しないといいのですが・・・。

もっと平和的な方法でこれからもBLMや人種差別について発信していただければと思う次第ですね。